特定非営利活動法人パーキンソン病完治基金

パーキンソン病完治基金について
Subscribe

アーカイブ: 2月, 2009

ご寄付ありがとうございました。

2月 24, 2009 投稿者: info カテゴリ: 寄付金関連, 御礼 コメントなし →

ご寄付を頂いております。受領のご連絡に代え、イニシャルのみご連絡させていただきたく思います。

領収証が必要な方は、こちらの4番をご覧ください。(すでにご連絡頂いている方は発行中です。しばらくお待ちください)

前回ご連絡から2月23日までにご寄付いただきました方々

KTさま

まことにありがとうございます。

他の方々のご厚意と集約し、パーキンソン病完治に向けての研究・臨床の躍進に役立てたいとおもいます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

DBS手術その後

2月 21, 2009 投稿者: info カテゴリ: 情報提供 コメントなし →

スタッフのご家族の手術後、1週間が経過し、抜糸も終了しました。下記は、現状です。

===

結果として手術は成功で、電圧と薬の調整に入っています。

手術後6日で電圧をかけ始めました。最初は左右1Vから開始し、術前は薬が切れている際はほぼ無動もしくは動悸の副作用がでるなど良くない状態でしたが、今はオフの状態でも寝返りが打てるなど、体調の底上げがはっきりと感じられる結果がでました。

電極を埋め込んだ淡蒼球が、術後一時的にほんの少し破壊された物理的効果により、体調が良化する効果も約1週間で消えるため、ほぼその時期にきています。

薬は術前、ドーパ剤であるメネシットを一日0.5錠×12回=6錠程度飲んでいましたが、スイッチを入れた後、2錠減らし4錠へ。術後8日目の本日は、電圧を両方1.6Vに上げて薬は一日0.5錠×6回(朝6時から3時間おき)=3錠/日へ減らしていました。

一日だけでしたが、1Vの状態で、4錠飲んだ際にはまったくオフの状態がない、という非常に好調な一日が体験できた、ということで、本人も非常にうれしそうにしていました。

その後、もともと動きの悪い左を2Vにあげたようですが、それは若干の痺れがでるということで、再調整が行われるようです。本日、3錠/日ではやはり少し少ないようで、まったくオフではないものの動けない(歩けない)時間ができていました。しかし薬そのものの量が減ったことによって、非常に苦しそうにしていた動悸などの副作用が大幅に軽減された様子で、表情が明るくなり5年前くらいの体調に戻ったようです。

===

とても安心しました。

よかったです。

ご寄付ありがとうございました

2月 18, 2009 投稿者: info カテゴリ: 寄付金関連, 御礼 コメントなし →

ご寄付を頂いております。受領のご連絡に代え、イニシャルのみご連絡させていただきたく思います。

領収証が必要な方は、こちらの4番をご覧ください。(すでにご連絡頂いている方は発行中です。しばらくお待ちください)

前回ご連絡から2月17日までにご寄付いただきました方々

AOさま

まことにありがとうございます。

他の方々のご厚意と集約し、パーキンソン病完治に向けての研究・臨床の躍進に役立てたいとおもいます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

DBS手術

2月 13, 2009 投稿者: info カテゴリ: 情報提供 コメント(2) →

今日、事務局スタッフの家族がDBS手術を都内大学病院にて受けています。少し予定が遅くなり、朝一の予定が11時からに変更になりました。順調に行って6時間ほどかかるそうです。

==以下、ご家族からのメールを許可を得て転記します===

6時間の手術・・・大変です。患者も先生も。家族は祈りながら待つことしかできません。

昨夜見たDBSのDVDのエンディングに元気になった女性の映像が流れていました。今はオンオフ現象が激しく、副作用の動悸と体の固縮で涙を流しながら苦しんでいても、今日頑張れば、あんなふうに笑顔になれるはず、と祈っています。

手術開始から5時間ほど経過しました。先ほど看護婦さんがきて「特に連絡がないので順調に進んでいるものと思われます」との話がありました。

病室で落ち着きなく洗濯や掃除などしながら、無事を祈りながら待っています。

===

成功をお祈りします。

※DBS手術について

http://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/noge/teishinsyu02.html

ご寄付ありがとうございました

2月 12, 2009 投稿者: info カテゴリ: 寄付金関連, 御礼 コメントなし →

ご寄付を頂いております。受領のご連絡に代え、イニシャルのみご連絡させていただきたく思います。

領収証が必要な方は、こちらの4番をご覧ください。(すでにご連絡頂いている方は発行中です。しばらくお待ちください)

前回ご連絡から2月12日までにご寄付いただきました方々

TKさま、KKさま

まことにありがとうございます。

他の方々のご厚意と集約し、パーキンソン病完治に向けての研究・臨床の躍進に役立てたいとおもいます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

寄付集約活動について

2月 11, 2009 投稿者: info カテゴリ: 寄付金関連, 御礼 コメントなし →

過日、寄付のお問い合わせのお電話を頂きました患者様のご家族に、本日寄付の体制が整ったことについてのご連絡で、お電話をさせて頂きました。

ご寄付について、銀行口座をご連絡し、領収証の発行のためのご連絡先を聞いたところ、まとめてからにして欲しい、と仰られました。

最初は理解できなかったのですが、その患者様のご家族がいろいろな方にご連絡をされて、寄付を集約されるので少し待って欲しいという意味でした。

思いが一つになるというのは、こういうことなのだな、と感じ、大変ありがたく思いました。皆様のお気持ちを完治への力に変えるため、これからも頑張って行きたいと思います。

まだまだではありますが、ともかく前へ。少しずつでも前に進みたいと考えています。

今後ともご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

電話番号の記述修正について

2月 11, 2009 投稿者: info カテゴリ: 寄付金関連, 当組織について コメントなし →

いつも基金の活動へのご協力ありがとうございます。
パーキンソン病完治基金事務局でございます。

このたび、

  1. 2009/2/9までに発行済みの領収証
  2. メール署名
  3. 当基金のHP上

において、当基金の電話番号を誤って記述していたことがわかりました。
大変失礼いたしました。

×誤:050-1051-1744
○正:050-5534-5101

となっております。

1.領収証、2.メール署名に関して、今後発信するものについては、誤記のないよう修正いたしました。

3.HPに関しては、該当箇所について既に修正いたしました。

今後はこのようなことのないよう、充分に気をつけて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ご寄付ありがとうございました

2月 11, 2009 投稿者: info カテゴリ: 御礼 コメントなし →

銀行口座振込でご寄付を頂きました。ありがとうございます。受領のご連絡に代え、イニシャルのみご連絡させていただきたく思います。(前回のご連絡から2/10まで)

Hさま、Kさま

ありがとうございました。

今回は銀行口座振込ということで、寄付下さった方の情報がございませんので、当方から領収証が発行できません。領収証が必要な方は、こちらの4番をご覧ください。(すでにご連絡頂いている方は発行中です。しばらくお待ちください)

ご寄付ありがとうございました

2月 07, 2009 投稿者: info カテゴリ: 御礼 コメントなし →

暖かいお言葉とともにご寄付を頂いております。受領のご連絡に代え、イニシャルのみご連絡させていただきたく思います。

領収証が必要な方は、こちらの4番をご覧ください。(すでにご連絡頂いている方は発行中です。しばらくお待ちください)

2月6日までにご寄付いただきました方々

Yさま、Nさま、Hさま、Oさま、Mさま、Tさま

まことにありがとうございます。

他の方々のご厚意と集約し、パーキンソン病完治に向けての研究・臨床の躍進に役立てたいとおもいます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。